仏壇を置く方向・場所

神棚や仏壇は、適当な場所に置くのは良くありません。
きちんと決まった場所があるので、その場所に置くのが正しいです。

仏壇を購入する前に、仏壇を安置する場所を決めましょう。かつては、たいていの家に仏間があったので、
安置する場所を考える必要はありませんでした。しかし、仏間のない家がほとんどとなりました。
最近では和室のない家が多くなったので、仏壇を置く場所を考えなければならなくなったのです。
仏壇を安置する向きは、仏教では十方どの方角にも仏はいるとされているので、方角に吉凶はありません。
が、一般的には北向きは避けて置きます。
多いのは東向きです。というのも、拝む時は極楽浄土のある西に向かうためです。

また、家のなかで、落ち着いて礼拝でき、家族が毎日おまいりしやすい場所が一番適しています。
座敷があれば、座敷が最適ですが、家族が集まりやすい居間でもよいでしょう。
直射日光が当たらない、湿気の少ないところで、冷暖房の風が直接あたらない場所がよいでしょう。
直射日光や湿気、冷暖房の風は仏壇を傷めるのです。 床の間や押入れの上部、整理タンスの上、居間のサイドボードなどの上に置いてもかまいません。
テレビやオーディオラックの上など、音がするものの上には置かないようにしましょう。また、仏壇の上に何も置かないようにしましょう。
大きい仏壇の場合は、押し入れを改造し仏間にする方も。

もうひとつ、気をつけることは、仏壇の高さです。座っておまいりするとき、本尊の位置が目より少し上になるように安置することです。
立っておまいりするときは、本尊が胸よりも少し上くらいの位置になるように安置します。
●仏壇の前でのマナー
仏前に正座したら、仏壇の中に真ん中に南無阿弥陀仏か後光の差した仏様の絵が書いてある掛け軸か、
左に九字名号等が書いてある掛け軸、右に十字名号等が書いてある掛け軸があります、
仏壇の中の左右側の壁に法名軸(戒名とは言わない)という掛け軸がかけてあってなくなった人の法名が書いてあります。

その辺りを見てから、お線香に火をつけるのですが、灰箱よりお線香の長さが長い場合は
火をつける前にお線香を真ん中で1/2に折ってください。
折ったお線香に夫々火をつけます。そして、手で払って火を消します。(口で吹いては駄目)。
火のついている方を左側にして灰箱に線香を寝かせます。これは真宗だけの作法です。
ほかの宗派では立てるので、折ったりする必要もないと思います。

お線香ではなくて、お香(桜チップみたいな木のクズ的なもの)があるときは、
右手でお香を一つまみ、香箱にパラパラと落とします。
(手をくるくると回したり、眉間のところに手もをって来たりしない)。

リンをどうしても鳴らしたいならかるく1回だけ。りん棒(ならす棒)は横に置いてもよい。
ちんちんと二度三度鳴らすのは駄目です。

手を合わせて(もみ手はしない)、1~2分黙祷。ぶつぶつ何か言う必要もないです。
手を下ろしたら、軽くご仏前に会釈で終わりです。